ホーム » イベント&トピックス » 学園の様子

北九州子どもの村ってどんなところ?「この学校は、とにかくすごく変わった学校です」


1学期のまとめでおおいそがし!

やっと梅雨があけた!と思ったら、今週は真夏日がつづきました。セミを捕まえたり、クワガタをいれる虫かごを作る子もいました。みんな、暑い夏を楽しんでいます。

ものづくり工房は、中間休み明けから取りかかっていたテラスの屋根が、ついに完成しました。外での作業は雨に左右され、計画どおりに進まないこともありました。みんな、完成してホッとしたようです。完成パーティーでは、テープカットをして流しそうめんをしましいた。残りの一週間で、本づくりと展示をがんばります。
ファームは、11回目の豆腐づくりをしました。なんと、今回は失敗したグループが一つもなく、とてもおいしくできました。また、みんなの意見も参考にしようと、他のクラスのみんなにも食べてもらってアンケートをとりました。そのほか、本づくりや大豆の原産地、豆腐の歴史などについて調べています。
 中学生のやきものグループは、ついに初作品が焼きあがりました。ドキドキしながら窯の蓋をみんなで開けます。「よかった~、割れてない!」「釉薬をかけると、ぜんぜん違う。」「今度は壺をつくるぞ。」など、次の作品にむけて、はやくも取りかかっています。
水の研究グループは、今週も肉体労働でした。草刈り、階段づくり、粗大ごみの回収など、
池のまわりの環境整備をしました。また、月刊誌のテーマが「個人テーマの途中報告」なので、世界の水問題、動植物、水力発電などについての調べものも各自ですすめています。
 どのクラスも、1学期のまとめで大忙し。活動してきたことを夏まつりで展示します。楽しみにしていてください。