きのくに国際高等専修学校 人生の目的は、幸福、すなわち興味あることを見つけることだ。–A.S.Neill
 

What's New!

 最近の学校のようす  (2020. 7. 25)
 保護者のみなさまへ  (2020. 7. 31)
編入はお問い合わせください。

・ 長崎に中学校が開校!
 
訃報:ガヴィンさん ➡️  
 新型コロナウイルスの対応 ➡️
                                  
(2020. 6. 10)   


最終更新:2020. 7. 31
 
 

お問い合わせ

 学校法人きのくに子どもの村学園
 きのくに国際高等専修学校
 〒648-0035  和歌山県橋本市彦谷51
 tel : 0736-33-3370
 fax: 0736-33-3043
 kinoko@kinokuni.ac.jp
 
 このページは、きの高生が協力してくれています。 
 

July 入学を祝う会

 予定より3ヶ月ほど遅れてしまいましたが、ようやく入学を祝う会をすることができました。きの高生の中で委員会をつくり、1年生やその保護者の方々に楽しんでもらえるような会になるよう、たくさん話し合って企画しました。

 2、3年生が1年生に秘密で計画していた新入生歓迎パーティー、名づけて「SKP」も成功しました。ドッキリをしかけるところから始まり、みんなでケーキを食べ、2、3年生が隠れて練習していた歌やダンスをパフォーマンスしました。
 入学を祝う会では、1年生がきの高でどんな生活をおくっているのかわかるムービーの上映もありました。在校生、新入生、保護者の方々、みんなに楽しんでもらえたようです。(そら)

 

July 最近のようす

 7月に入り学校での生活の仕方を再確認しました。消毒やマスクはもちろんのこと決まった時間の消毒もしています。寮での公共施設も人数制限があり、まだまだ気が抜けません。   
 7月末に行われる入学を祝う会に向けて各クラス準備を進めています。準備は高校生自身が行います。入学を祝う会では各クラスに沿った展示や出し物をする予定です。例えば「土と炎」というやきものをテーマにしながらその背景や歴史を見ていくクラスでは、実際にやきものに色を付けてもらったものを焼いてプレゼントします。やきものの原料である年度に触る体験なども予定しています。他のクラスでもたくさんの展示や体験を行います。各クラスの活動報告もあります。夏休みまで残り1週間になり、毎日あわただしく時間が過ぎています。(海翔)

 

July コロナ対策

 学校が再開してから1カ月が経ち、新型コロナ対策を取り入れた新しい生活にも少しずつ慣れてきました。マスクの着用や手洗い消毒、三密を避けるなど、少しでも意味があるのならと、できる限りの対策をしてきました。
 そして7月を迎え、世間でのウイルスによる影響が収縮傾向にあることもあって、学校でのこれまでの対策を少し緩めることになりました。使える場所を増やしたり、食事の準備は当番制にしたりと、できる限りの対策をしながら、少しずつできることを増やしていく予定です。1日でも早く元の生活に戻るためにも、慎重にいきたいです。(裕生)

 

June 最近のようす

 学校が始まって3週間がたちました。登校した時、寮に帰った時はアルコールで消毒をし、マスクを常時つけて生活をしています。マスクは一般の使い捨てマスクを使っている人も多いですが、手作りのマスクをしている人もいて、少し明るく見えます。また、体温も朝、夕と測っています。
 昼食は今までは大人(先生)と生徒である子どもは一緒に食堂で食べていました。しかし、今は大人は職員室で食べ、子どもたちも食堂とクラスに分かれて、密にならないように食事をしています。

週末に寮に滞在している生徒は週に一回お出かけに行けるのですが、それも今は中止されています。おかげで週末は時間がたっぷりあり、近くを散歩したり、水風船を作って遊んだりしている人もみかけます。

 新型ウイルス対策はいろいろと行われていますが、そのおかげで昼食当番の仕事量が減ったり、お風呂に決まった時間に入れたりと、いいこともたくさんあり、新しい発見が増えています。()

 

June 学校再開

 やっと、やっと新年度が始まりました。ウイルス対策として、たくさんの取り組みが学校と寮でなされています。

 これまでの生活から一変し、注意を払うべき事項が増えました。何よりもまずは手を洗い、消毒をしないと始まりません。マスク装着が必須となった今、みんなの表情がわからないだけでなく、新入生の顔も覚えられない人もいます。これまでは、食事やお風呂の時間を通して、新入生と交流を深めることができていました。机に座る人数や、一度にお風呂に入れる人数が限られている中、新入生との交流を深めるにはどうすればいいのか、当面の課題となりそうです。

 芳しくない変化もたくさんありますが、3ヵ月ぶりにきのくにへ来た高専生はみんな活き活きと生活しています。失った2か月を取り返していくつもりで活動に取り組みたいと思います。(悠希)