まずは子どもをしあわせにしよう。すべてはそのあとに続く。- A.S.Neill -
  
〒 648−0035  和歌山県橋本市彦谷51 Tel: 0736-33-3370  Fax: 0736-33-3043    
Email: info@kinokuni.ac.jp










       





「学校法人きのく
に子どもの村学園」は、1992年、和歌山県橋本市でスタートしました。戦後はじめて学校法人として認可された自由な学校です。
 現在は、きのくに子どもの村小中学校、かつやま子どもの村小中学校(福井県)、南アルプス子どもの村小中学校(山梨県)、北九州子どもの村小中学校(福岡県)、きのくに国際高等専修学校(和歌山県)があり、約600人の子どもたちが寮生活を送りながら学んでいます。
 

きのくに子どもの村中学校

きのくにの目玉でもあるプロジェクト。「人が生きる」ことを、「衣」「食」「住」「表現」の4つの視点から追求していきます。教科学習でも探求型の学習をします。個別学習の時間は自分で学習する内容を決めて学習する時間です。この他、中学生だけで行う中学校ミーティングもあります。

◇中学校時間割

 

 

1年

2年

3年

1年

2年

3年

1年

2年

3年

1年

2年

3年

1年

2年

3年

 

1100 始業

自由選択

プロジェクト

プロジェクト

国語

社会

数学

社会

理科

英語

個別学習

英語

国語

数学

プロジェクト

プロジェクト

数学

理科

英語

国語

英語

数学

社会

英語

全校ミーティング

 

昼  食  &  昼  休  み

数学

社会

理科

理科

数学

国語

プロジェクト

数学

英語

社会

自由選択

英語

数学

英語

英語

数学

個別学習

個別学習

 


※火曜日~金曜日の8時55分から9時05分の間はユースフルワークです。



◇プロジェクトの紹介


道具製作所

 自転車を修理してサイクリング、炉で鉄を真っ赤にしてたたいたり溶接したりして生活を楽しく便利にするものづくり、自転車や鉄を出発点に素材や仕組み、人のくらしと鉄、エネルギー、道路・橋や交通・産業、環境問題などを深く広く研究していきます。さっそく、みんなで火おこし、鍛冶・溶接、自転車の試し乗り、自動車のタイヤ交換などを体験して、これからの期待と手ごたえを感じたようです。今年もますます楽しめそう!


 
  



動植物研究所

 今年は、川から人と自然のかかわりを探ります。意見を出し合うとホワイドボードはみんなの希望で埋め尽くされました。「川のプールを復活させたい」「川の生物を知りたい」「自動カメラで動物を撮る」「クロモジ料理を作りたい」「洞窟の生き物を知りたい」…。まずは学校から丹生川まで歩きながら地域の自然を観察しました。「この足跡はなんだ?」「なんか捕まえた! この虫は?」「この葉っぱ、酸っぱい!」。発見にワクワクしています。


  
 


ミュージカル・シアターきのくに

「表銀を思いっきり楽しみたい!」「みんなでいっしょに作品をつくりたい!」とミュージカルシアターに集まった13人です。一見穏やかで静かなメンバーですが、表現したいというパワーにあふれています。今年したいことの話し合いでは、「歌いたい! ミュージカルがしたい! 楽器の演奏がしたい!」などと次々と意見がでていています。それぞれがすてきなところがいっぱいの舞台にしたいです。


  
 


わらじ組

 今年のわらじ組は、人数が多いので何か大きなことをしたいです。大人のいないクラスなので、自分たちでしたいことやテーマを話し合いで決めています。今年は日本の文化、戦争をメインに一年の活動をしていきたいと思っています。また、彦谷をみんなで歩いたり合宿などもしたいです。