学校法人 きのくに子どもの村学園 南アルプス子どもの村小学校・中学校

                   

         
     南アルプス子どもの村小学校・中学校       
                       〒400-0203 山梨県南アルプス市徳永1717  Tel 055-287-8205 Fax 055-287-8206   絵文字:メール e-mail   :   minami-alps@kinokuni.ac.jp      

  ついに、発売!黎明書房より
  2013年7月発刊! 

学園の詳細







 
   
  キルクハニティでの
プロジェクトの様子2015

絵文字:星 スコットランドから帰国!絵文字:星


    創立20年のあゆみ
 
関連図書の紹介
   関連記事とTV放送



2013年度学校パンフレット
          

希望される場合は電話かメールで事務室までお問い合わせ下さい。
       ℡055-287-8205

    自由学校の設計(増補版)
    黎明書房 2009.7.25発行



COUNTER584655
since June 2009

QRコード

   
バーコード・リーダーをお使いください。


2016年度がはじまりました!



山梨日日新聞に掲載されました! 2016/4/8





卒業しました! 



Asahi Globe に学園の記事が掲載されました (2015.7.5)



朝日新聞GLOBE特集「大人って何だろう?」が7/5に発行されました。きのくにでの取材記事が掲載されています。
特集では、子どもの村だけでなく、悩める海外の若者や、「型破りな子どもらしさ」を強みにするシリコンバレーなどについても取り上げています。
「大人ってなんだろう」の答えを知りたい方はぜひ、ご覧いただくのもよいかもしれません。

7/6には、ウェブ限定記事として、取材にかかわった方々の「大人になる条件とは?」が掲載されました。
このうち堀さんや、クリス&スージー・ニコルズご夫妻のコメントを以下に抜粋しておきます。







高橋源一郎さん『101年目の孤独』ー南アルプス子どもの村の記事掲載!



  
        

        
        弱さとは何か。
        生きるという営みの中には何が起きているのか。
        文学と現実の関係を考え続けてきた著者初のルポルタージュ。
        いろんな場所でさまざまな人たちの生きようを見てまわり、
                            紹介してくださっています。
        
                             (本の中身には、学校の記事が入っています  )

        山の中に子どもたちのための学校があった
                                                                       ー南アルプス子どもの村小学校
       

        □定価 1,890円(本体 1,800円+ 税 5%)   岩波書店  2013年 12月25日発行




GQ JAPAN (ジーキュー ジャパン) 2013年 04月号




GQ JAPAN (ジーキュー ジャパン) 2013年 04月号

南アルプス子どもの村の記事が掲載されています!



◆高橋源一郎の「南アルプス子どもの村小学校」訪問記

子どもたちの自己決定権をなにより重んじる自由な学校が、山梨県南アルプス市にある。
「まず子どもを幸福にしよう。すべてはそのあとにつづく」。
教育の理想を掲げるその学校と、学園長の堀真一郎さんを、作家・高橋源一郎が訪問した。  
 
                                                     



高橋源一郎さんのほんわりとしたあたたかい目線で、

学校の一日を紹介してくださっています。




             発売日: 2013/2/23 No.119 ¥580





The Big Issu に学園の記事!





  
 
 
  
ビッグイシューは1991年にロンドンで生まれ、日本では2003年9月に創刊しました。ホームレスの人の救済(チャリティ)ではなく、仕事を提供し自立を応援する事業です。書店ではお買い求めできませんが、主要な駅周辺で売られています。300円で販売され、うち160円が彼らの収入になります。以下は、販売されている場所の一部一覧です。

■山手線沿線

有楽町駅 新橋駅 浜松町駅 田町駅 品川駅 五反田駅 目黒駅 恵比寿駅 渋谷駅新宿駅 高田馬場駅 目白駅 池袋駅 御徒町駅 駒込駅 
■中央線・総武線沿線
御茶ノ水駅 水道橋駅 浅草橋駅 飯田橋駅 市ヶ谷駅 四谷駅 中野駅 高円寺駅阿佐ヶ谷駅 三鷹駅 国分寺駅 国立駅 立川駅 日野駅 八王子駅 武蔵境駅 武蔵小金

三菱のホームページに紹介されました!



 

 




 

本の紹介

教育の豊かさ 学校のチカラ――分かち合いの教室へ


内容紹介

なにかと暗い話題が多い、教育のこと。でも、少しあちこちに目を向けてみたら、子どもの目が輝いている教室が見えてきた。健康に不安のある子ども達の学校、刑務所の中の中学校、カリキュラムをやめた学校……。子ども達と真剣に向き合う教育現場から、教育の原点を探りだすルポルタージュ。『世界』好評連載を単行本化。(岩波書店『世界2・3月号』の学園の特集が掲載されています。
私たちは、どうして学校に通うのだろう? 指導要領やカリキュラムなんて必要なんだろうか?
なにかと暗い話題が多い、教育のこと。でも、少しあちこちに目を向けてみたら、子どもの目が輝いている教室が見えてきた。(amazonより抜粋)






お知らせ


2012年2月号 1月7日発売
2012年3月号 2月8日発売

教育のチカラ 第10回 第11回
  満たされた時間のなかで (上.下)
   
瀬川正仁
 (ノンフィクションライター) 

 
 きのくに子どもの村学園が特集されています。

『かぞくのじかん』に掲載されました!

かぞくのじかん vol.17 秋号(9/5発売 婦人之友社)に学校の記事が掲載されています。



  

  『かぞくのじかん』は創刊108年の月刊誌『婦人之友』から生まれたファミリーマガジンです。 子育て、家事、仕事、地域活動、自分磨き......忙しいながらも人生を豊かに生きたい、と願うお父さんお母さんと、新しい暮らしの知恵やスタイルを創り出していくことをモットーにしているそうです。

 南アルプス子どもの村小学校の7月の様子を5ページにわたり記事にしていただきました。チャンスがあれば、ご覧ください。


    





 2016.5.22更新 


 絵文字:NEW  学校テラスを小学生が増築!

     絵文字:NEW 秋まつりは大にぎわい(FB)


 絵文字:NEW夏まつりがひらかれました(FB)

 絵文字:NEW   富士山ゆきどけ春まつり  (FB) 

 絵文字:NEW  水除けのおまもりをもらっちゃった

   よいしょ、よいしょ、まるまってきた

   モモの実ってどんな匂いがするの?

   古代人のくらしの痕を発見する

   何cm積もったでしょう?

   そんなにじっとみないで

         じっとしててね、ネコさん

             森の仙人をたずねて

  絵文字:NEW「うんとこしょ、どっこいしょっ!」

  絵文字:NEW  あったかくて、ドキドキしてるよ

       絵文字:NEW 運動会の最後、もちまきで…

       絵文字:NEW  夏休みまえ、夏祭り!

 絵文字:NEW せーんろはつづけーるよー♪


 絵文字:NEWうれしい!たのしい出会いがいっぱい

     絵文字:NEW 中学校が認可されたって!

           絵文字:NEW トロッコをはしらせたい

   絵文字:NEW ブドウが実りました!

  絵文字:NEW 八ヶ岳山麓 まきば公園

   絵文字:NEW 7月はじめのバカンス

    絵文字:NEW なんでもやってみなきゃね

 絵文字:NEW 中学校開校に向けて、一歩ずつ

     絵文字:NEW 心のえいよう

     絵文字:NEW ふたり なかよし

                       絵文字:NEW 春まつり