まずは子どもをしあわせにしよう。すべてはそのあとに続く。- A.S.Neill
   
   〒648−0035  和歌山県橋本市彦谷51 Tel: 0736-33-3370  
         Fax: 0736-33-3043    
   Email: info@kinokuni.ac.jp









  










 




きのくに子どもの村小中学校
 
 
 NEW❗️2020年10月販売
   
 
  NEW❗️2020年9月販売
 

新型コロナウイルス関係 ➡️

訃報 ➡️

育児・介護支援行動計画書 ➡️

学園評価 ➡️
 
きのくに子どもの村学園とは

「学校法人 きのくに子どもの村学園」。この長い名前の学校は1992年、和歌山県の北東の端、橋本市の山中でスタートしました。
戦後はじめて学校法人として認可された自由な学校です。子どもたちの多くが寮生活を送りながら学んでいます。

学園の基本方針 学園長より


1学年20名の小さな学校です。宿題がない。テストもない。「先生」と呼ばれる大人もいない。
大人は「○○さん」とか、ニックネームで「ゴンちゃん」などとよばれます。

子どもは自分のしたい活動をよく考えて、その年のクラスを選びます。授業の多くが体験学習にあてられ、
どのクラスも異年齢学級です。小学校では「工務店」「劇団きのくに」「よくばり菜園」「むかしたんけんくらぶ」
「おいしいものをつくる会」「ひらおだいファーム」、中学校では「動植物研究所」「劇団バッカス」「くらしの歴史館」
「平尾台研究室」「ゆきほたる荘」「創造工房きのくに」「わらじ組」などのクラスがあります。

小学校 中学校


国内外の教育関係者やマスコミからも注目され、現在は学校の数も増えました。

・きのくに子どもの村 小学校、中学校、国際高等専修学校(和歌山県橋本市) 
・かつやま子どもの村 小学校、中学校(福井県勝山市)         
・南アルプス子どもの村 小学校、中学校(山梨県南アルプス市     
・北九州子どもの村 小学校、中学校(福岡県北九州市)                   
・ながさき東そのぎ子どもの村 小学校、中学校(長崎県東彼杵郡)  
・キルクハニティ子どもの村(英国スコットランド)➡️

学園のあゆみ