まずは子どもをしあわせにしよう。すべてはそのあとに続く。- A.S.Neill -
  
〒 648−0035  和歌山県橋本市彦谷51 Tel: 0736-33-3370  Fax: 0736-33-3043    
Email: info@kinokuni.ac.jp










       





「学校法人きのく
に子どもの村学園」は、1992年、和歌山県橋本市でスタートしました。戦後はじめて学校法人として認可された自由な学校です。
 現在は、きのくに子どもの村小中学校、かつやま子どもの村小中学校(福井県)、南アルプス子どもの村小中学校(山梨県)、北九州子どもの村小中学校(福岡県)、きのくに国際高等専修学校(和歌山県)があり、約600人の子どもたちが寮生活を送りながら学んでいます。
 

きのくに子どもの村小学校


きのくにの目玉でもあるプロジェクト。「人が生きる」ことを、「衣」「食」「住」の3つの視点から追求していきます。

◆小学校時間割

  月


08:55-09:05
 ユースフルワークユースフルワークユースフルワークユースフルワーク
1,2時間目
09:10-10:40
 基礎学習
基礎学習プロジェクト自由選択
5・6年生は外国語
3,4時間目
11:00-12:35
プロジェクト
自由選択プロジェクト
プロジェクト
基礎学習
全校ミーティング
5,6時間目
13:40-15:10
基礎学習自由選択
プロジェクト
プロジェクトプロジェクト
遠くからやってくる子もいるので、月曜日は11時から始まります。
プロジェクト(週14時間)、基礎学習(7時間)、クラスの枠を超えて行う自由選択(週6時間)、全校ミーティングで構成されています。
毎朝、8時55分から9時05分の間はユースフルワークの時間です。


プロジェクトは以下の5つです。
  • 「劇団きのくに」(表現)
  • 「工務店」(木工、園芸)
  • 「おもしろ料理店」(食の研究)
  • 「ファーム」(農業)
  • 「クラフト館」(木工、やきもの)
それぞれ特色のある活動テーマを持ったクラスです。
1年に1回、子どもたちはプロジェクトの中身や、大人や友だちの顔を見て
クラスを選びます。だから、どのクラスもいろいろな学年の子どもたちがいます。




◆プロジェクトの紹介

劇団きのくに

 妖怪やお化けを切り口に劇づくりがはじまりました。『きのくにのこわい話』、民話や童話、落語など、妖怪の出てくる話はたくさんあります。どんな妖怪に変身しようかな、衣装は、効果音は、と想像力がふくらみます。見ている人を笑わせたり、ぞくっとさせたり、感動させられる劇にしたいと盛り上がっています。

        

工務店

 テーマは「世界の家と日本の家」です。今年で25年目の工務店は、原点に戻って家づくりだけではなく、人のくらしにスポットをあてていきます。家の模型や家具などもつくります。また、子どもの生活で最も大切なものは遊びとおもちゃです。遊んでおもちゃをたくさんつくります。5月からは、2か月間イギリスに滞在します。日本とイギリスのくらしを比べてさらに世界の人々に目を向けていきたいです。

    

おもしろ料理店

 自然豊かな和歌山県には、新鮮な海の幸、山の幸、果物、柿の葉寿司などの郷土料理、おいしいものがたくさんあります。今年は、県の特産物や旬の食材をつかったオリジナルの料理に挑戦します。まずは、山菜採りや地域の農産物直売所巡りからスタートしました。また今年は学園創立25周年です。そのお祝いのごちそうづくりも計画しています。お楽しみに!
       
ファーム
 テーマは「自分たちで育てたものを思う存分味わおう」です。今年も米や野菜を育てます。大量の収穫を目指します。収穫したものを使っていっぱい料理するぞ!自分たちだけが食べるのではなく、みんなにも味わってもらいたいです。地元の直売所にも出荷する予定です。そこから、地域の方々との交流、日本の農業、流通などに目をむけていきたいです。他にも、染物、裁縫、茶碗づくりなどにも挑戦したいです。
 
      
 

クラフト館

 今年も、木と土をつかってものづくりを思いきり楽しみます。まずはおもちゃ・木工から始まります。大きな建物は25周年の記念になるものか、秘密基地か、はたまた…。みんなのアイディアを盛り込んで進んでいくことでしょう。やきものづくりは、様々な粘土をつかって形づくりをします。器や土鍋をつくってコンテストやパーティをしたいという意見があがっています。今年は秋にイギリスへ行きます。忙しいけれど楽しい一年になりそうです。