きのくに国際高等専修学校 人生の目的は、幸福、すなわち興味あることを見つけることだ。–A.S.Neill
 

What's New!

 最近の学校のようす  (2020. 7. 25)
 保護者のみなさまへ  (2020. 7. 31)
編入はお問い合わせください。

・ 長崎に中学校が開校!
 
訃報:ガヴィンさん ➡️  
 新型コロナウイルスの対応 ➡️
                                  
(2020. 6. 10)   


最終更新:2020. 7. 31
 
 

お問い合わせ

 学校法人きのくに子どもの村学園
 きのくに国際高等専修学校
 〒648-0035  和歌山県橋本市彦谷51
 tel : 0736-33-3370
 fax: 0736-33-3043
 kinoko@kinokuni.ac.jp
 
学校見学および説明会

7月より人数を限って、学校の見学を受けつけています。来校される方は、マスクの着用と検温にご協力ください。

1)高等専修学校の説明会
  
随時おこなっています。ご希望の方は、まずは電話で日時をご相談ください。 

2)きのくに子どもの村(主に小学校および学園全体についての説明です)
  毎週木曜日 午前10時〜午後2時(30名)※電話でお申し込みください。

 
オープンキャンパス

以下は2019年のものです。2020年は11月3日(火祝)におこなう予定です。
詳細は、もうしばらくお待ちください。
なお、新型コロナウイルスの感染状況によっては日程を変更する場合もあります。

「きの高」の授業や生活を体験してもらえる機会を秋に設けています。


【日程】 2019年10月14日(祝・月) 10:50〜
【対象】 中学3年生 
【参加費】無料 
【内容】 在校生の授業に参加
【締切】 10月7日(月)必着
【その他】 1.最寄の駅(橋本駅)までは、スクールバスをご利用いただけます。 
      2.11時より保護者対象の学校説明会をおこないます(1時間程度)。
【お問い合わせ・お申し込み】
 ご質問は、高等専修学校 事務室までご連絡ください。
 下記の申込み用紙をFAXかメールで送付してください。

 
Open Campus 2019  Open Campus 申し込み用紙
 
編入について

 在籍中の(あるいは以前に在籍していた)学校の出席状況などにより、編入できる学年は変わります。
 編入は、年度の途中でも可能です。試験は下記の入試とは別におこないます。

 ただし、学年の人数や寮の部屋の空き状況などにより、編入できない場合もあります。

 ご希望の方は、まずは高等専修学校までご相談ください。
 
入試案内

2021年度入学の募集要項は、8月末ごろにできる予定です。(下記は昨年度のものです。)


募集要項および願書をご希望の方は、高等専修学校までご連絡ください。


<対象・定員>

 学 年 1年生  定 員 20名  性 別 男・女  修業年限 3年(全日制)

<受験資格>
1.本校の教育方針に本人・保護者ともに理解をし、賛同する人
2.2003年4月2日〜2005年4月1日の期間に生まれ、下記のいずれかに該当する人
  ・国内中学校を卒業見込み、および卒業している人
  ・海外における、学校教育で9年間の課程を修了していると認められる人
3.専願受験で合格の場合は、必ず本校に入学する人
4.本人・保護者ともに、本校の見学会に参加している人

<入試日程> 

 入試日試験内容
願書受付期間
 授業参加型入試
[専願・併願]
          2020年1月21日(火)

 授業参加
 基礎力確認テスト(含作文)
 保護者同伴面接
  2020年1月7日〜14日(必着)
 一般入試
[専願・併願]
  一次 2019年12月 14日(土)
  二次 2020年  2月   1日(土)
  三次 2020年  2月 29日(土)

※三次入試は実施しない場合があります。

 英語(含リスニング)
 国語
 選択科目(数/社/理から1科目)
 保護者同伴面接
 一次 2019年11月 29日〜 12月6日(必着)
 二次 2020年  1月17日〜24日(必着)

 三次 2020年  2月14日〜21日(必着)
*一般入試は一回のみ受験できます。
*専は合否判定時、併願に比べ有利になります。
*再度受験の場合は、新たに出願手続きが必要です。

※ 本校は文部科学省が実施している「高等学校等就学支援金制度」の対象校です。

高等学校等就学支援金について
2019 年度までは、保護者等の所得に応じて、公立高校の授業料額相当額(118,800 円)
を基準に支給されていました。制度の変更により 2020 年 4 月から、私立高等学校の平均授業料を勘案した水準で、年収目安が約 590 万円未満の世帯の生徒を対象として、「私立高等学校等の授業料の実質無償化」が実現される予定です。

詳しくは、下記リンクの文部科学省ホームページをご覧ください。