学校法人 きのくに子どもの村学園 南アルプス子どもの村小学校・中学校

                   

         
     南アルプス子どもの村小学校・中学校       
                       〒400-0203 山梨県南アルプス市徳永1717  Tel 055-287-8205 Fax 055-287-8206   絵文字:メール e-mail   :   minami-alps@kinokuni.ac.jp      

  ついに、発売!黎明書房より
  2013年7月発刊! 

学園の詳細


 
    南アルプスの風物詩
 八ヶ岳おろし









 スコットランド2019
絵文字:星 帰国しました!絵文字:星


私たちは南アルプスの自然環境保全活動に
貢献・賛同・協賛しています


希望される場合は電話かメールで
事務室までお問い合わせ下さい。
       ℡055-287-8205

    自由学校の設計(増補版)
    黎明書房 2009.7.25発行





COUNTER1123735
since June 2009

QRコード

   
バーコード・リーダーをお使いください。


最近のようす

最近の様子
12345
2020/02/20new

旅行シーズン

固定リンク | by:かとちゃん
水曜日に脳科学者の茂木健一郎さんが来て、小学校のプロジェクトや中学校の授業を見学されました。
ミーティングにも参加して、子どもたちが真剣に話し合っている姿に感心されていました。
茂木さんも少しだけ脳のお話をしてくれて、子どもたちもたくさん刺激を受けていたようです。
堀さんのお話では、この学校をとても気に入って下さったそうです。
また学校に来てくれるとうれしいですね!
木曜日から歴史館と研究室が旅行に行きました。
中学校はとても静かになってしまいました。
来週以降も小学校は旅行に行くクラスがあるので、みんな楽しみですね!(伊藤)



18:58
2020/02/07

激戦!サッカー部 VS 大人

固定リンク | by:かとちゃん
先週、かとちゃんがサッカー部から大人へ挑戦状が届いたとお話ししていましたね。
その試合が木曜にありました。
放課後にメンバーがぞろぞろと集まり、寒空の下、キックオフ!
序盤は大人が猛攻撃を仕掛け、その勢いで1点を先取!
するとサッカー部に火がついたのか、小学生たちが次々と華麗な足技を披露。
大人は気もちで立ち向かいますが、うまくボールを取り返せません。
その横で多くの子が一喜一憂しながらゲームを見守ります。
中には、手づくりの大きな横断幕をもって走る子も。
みんなの応援は届いていたかな?
そして、気になる結果は…?
接戦の末、4対3でなんとサッカー部の勝利!
サッカー部員に勝因をきくと、「やっぱパス回しかな」と得意げに答えてくれました。
毎週の活動とチームワークの成果でしょうか。
さすがです。お見事でした。
一方、大人はというと…、職員室で悔しそうに言い訳を並べていました(笑)
さて、そうなると黙っていられないのが、中学生たち。
12月に大人と本気のサッカー対決をして、負けてしまいました。
噂では、「リベンジするぞ!」と意気込んでいるそうです。
なんでも「俺たちの得意なものでいこうよ」「女の子も参加したい!」などと
意見を出し合い、念入りに計画を練っているとか。
子どもVS大人。おもしろくなってきました。
さあ、これからどうなる?!(佐藤)




17:44
2020/02/03

冬よ、来い。

固定リンク | by:かとちゃん
1/28(火)は大雪による警報休校となりました。
退屈にしていた子もいたことでしょう。
「大雪っていうなら、もっとふればいいのに…」と子どもたちは口々につぶやいていました。
たしかにすこし雪は降ったものの、そのあとの雨で溶けてしまって、雪遊びというまでにはいきませんでした。
ほんとうに冬はどこにいってしまったのでしょうか?
このところの気の抜けたようなこの季節に「しっかりしてよ」といいたくなります。

「かとちゃんへ らいしゅうの木ようび サッカーぶからしあいをもうしこむ」
そんな中、机の上に紙切れがそっと置かれていました。
「よかったらだい1グラウンドにきてね サッカーぶ より」
しっかりとした威勢のいい言葉のあとに、
「よかったらきてね」と遠慮がちに伝えてくれるところが素敵なメッセージだなぁ、とおもわず笑みがこぼれます。この「サッカーぶ」の粋な誘いには、はりきってに参加します。負けるわけにはいきません。

さて、1/25前川喜平さんの教育講座には、たくさんの保護者の方に参加していただきました。
喜平さんは、学校は「平和で民主的な社会の形成者(公共のルールをつくっていく人)」また
は「自立した個人」を育てる場所(育つ空間)であると伝えていました。
「子どもの村は子どもたちが安心してそういう人間に育っていくことのできる場です」といってくださいました。うれしいことばでした。ひきつづき、子どもとともに笑いながら、地道に仕事をします。(かとちゃん)





09:38
2020/01/24

プロジェクトで大忙し!

固定リンク | by:かとちゃん
今年度も残り少なくなり、各プロジェクトは活発に活動しています。
旅行の話し合いや本づくりなどもすすみ、
残りの数ヶ月、心残りがないように過ごしているようです。
また、卒業を祝う会、入学を祝う会の話し合いもすすんでいます。
「今年の祝う会のテーマは何にしようか」「それならどんな題名がいいかな」と
委員会の子たちが中心になって頭を悩ませています。
ステキな会になりそうです。(丸中)



19:57
2020/01/17

2020年スタート!

固定リンク | by:かとちゃん
新年最初の全校ミーティングでは
「山梨県のかるた大会で二位になりました!」と、うれしい話題からのスタートとなりました。
昨年はラグビーワールドカップが話題になりましたが、今年はオリンピックの年。
平和の祭典が東京で開かれます。
良くも悪くも話題に上がり、
オリンピックの意味や平和や戦争などについて考える良い機会となるはずです。
そういえば、12月に中学生vs大人のサッカー大会で大人が勝ちましたが、
中学生からの挑戦状がもうそろそろ届くそうです。
かわいそうですが勝負の世界。
今年もまた勝たせてもらいます。(湯本)





17:49
2020/01/04

2020年、あけましておめでとうございます!

固定リンク | by:かとちゃん
 新年、あけましておめでとうございます。
 こどもたちにとっていい年になりますように。
 それを支える、大人たちにとっても、安心していられる一年になりますように祈っています。
 本年もどうぞよろしくお願いします。
09:45
2019/12/21

大空の下、心もはればれ、冬まつり!

固定リンク | by:かとちゃん
今週は、小学校サッカー部対中学生の試合がありました。
サッカー部は日頃の練習の成果を発揮し、
前半立て続けに3点シュートを決めました。
なんと、小学生が初勝利です。
みんな大喜びでした。
さて、今週は10月から延期になった冬まつりです。
寒い中でもみんなが楽しめるように、
委員の子は話し合いを重ねていました。
待ちに待った冬まつりは楽しんでいただけましたか。
新しい年にみんなの顔を見るのが楽しみです。
よいお年をお迎えください。(田村)




17:27
2019/12/13

負けられない戦いがそこにはある!

固定リンク | by:かとちゃん
「中学生が勝ったら何かごほうびないの?」という、堀さんの一言が全ての始まりでした。
全校ミーティングで「中学生対大人でサッカーの試合がしたいです。」という議題。
試合をしよう!と決まると、堀さんをきっかけに活発な発言がつづきます。
「試合に出た人だけじゃなくて応援していた人にもほしい。」
「試合を見ずに帰らないといけない人はもらえないの?」
「大人もがんばるからほしい!」などなど….話し合いの末に決まったのは、
「中学生が勝ったら、来週水曜日のおやつが子どものぶんだけ豪華になる」でした。
それに対して奮起したのは大人たち。
念入りに準備する大人を見て、中学生も負けるものかと奮い立ちます。
そして、八ヶ岳おろしが吹き荒れる中、その戦いの火蓋が切って落とされたのです!
寒い中でも、子どもたちの応援は熱く、試合は大盛りあがり。
結果は……なんと3対2で大人気ない大人の勝利に終わりました。
さて、ごほうびの行方は…?(塩川)







19:40
2019/12/06

師走

固定リンク | by:かとちゃん
12月に入り、朝晩の寒さが厳しくなってきて、ストーブをつけはじめるようになりました。
師走とはよく言ったもので、冬休みに向けて、忙しくなってきています。
プロジェクトの仕上げ・冬まつりに向けての話し合い・寮のパーティーの計画などなど、、、
来週は、寒さも活動もますます加速しそうな予感がしています。(阪本)



19:15
2019/12/02

山に雪が降った!

固定リンク | by:かとちゃん
八ヶ岳に雪がつきました。
今週から強い風も吹き始め、
「八ヶ岳おろし」が始まるのかなと、季節の節目を感じています。
そんな中、「ストーブ出して!」と伝えにくる子もいれば、
大笑いしながら半袖半ズボンでホールを駆け回る子もいて、
子どもたちの季節感の違いに驚いています。
全員「寒い!」という日はいつでしょう。
ずっと夏みたいに遊ぶ子もいそうです。
一人ひとりの季節の変化を楽しみに12月を迎えます。(禰津ま)



14:03